お口の健康は、あなたの人生を担っている。

歯を失ってしまった方へ

患者様に合った治療法で、しっかり食べ物を咬むことのできる、健康で明るい生活を取り戻しましょう。
当院では患者様の希望を取り入れた上に、それぞれのお口の状況に適した方法をご提案いたします。
補綴物の作成にあたりましては、技術に信頼のある2名の技工士と私が密に連携をとりながら、個々の得意分野を分担して作成しています。

治療法の比較

 


インプラント


ブリッジ


入れ歯

メリット

噛み心地がいい
見た目が天然歯とほぼ変わらない
顎の骨が痩せることを防ぐ
天然歯が一本もなくても治療できる
他の残存歯を削らない
残存歯に負担を掛けない

噛み心地がいい
見た目がいい
違和感が少ない

削らない
取り外しができるのでメインテナンスが楽

デメリット

保険適用ではない
治療期間が長くなる可能性がある
手術が必要

両隣の残存歯を削らなくてはいけない
土台になる歯が無い場合は治療できない
食べ物のカスが詰まりやすい

噛み心地が悪い
話しがしにくい
味覚が感じにくい
審美性が悪い
違和感がある
長期の使用で顎骨が次第に痩せていく

インプラント

歯の抜けた骨にチタン製の人工の歯根を埋入して、その上に人工の歯を装着する方法です。
義歯やインプラントといった従来の方法は、それらを支える歯や骨に、本来あった歯が負担する力を過剰に負わせることになります。
インプラントがもとの歯のように、咬んだ時の力を負担するため、残された歯は余計な負担がかからず、それらの歯の長期安定につながります。

ブリッジ

失った歯が比較的少なく、その両側に健全な歯がある場合、その歯を削り上から両者を連結固定したかぶせを装着し歯の欠損を補う方法です。入れ歯に比べると安定しており、違和感がなく噛む力も維持できるのが特徴です。
しかしブリッジを固定するためには、両側の歯を削る必要があり、土台の歯にも大きな負担がかかります。

入れ歯(義歯)

部分入れ歯

失った歯の数が多く、その片側に支えとなる歯がない場合に、残っている歯に金具をひっかけて固定する入れ歯です。
健康な歯を削ることなく、取り外してお手入れできるので衛生面でも安心なのが利点です。しかし違和感がある、噛む力が弱くなるとして敬遠される方もいます。

当院では義歯を得意とする技工士と連携して、義歯作りをすすめています。支えになる歯の平行性にこだわり、遊びのない安定した義歯を作成しています。金具が見えるのが嫌な方には特殊な樹脂を用いたノンクラスプ義歯をおすすめしています。

以上のインプラントやブリッジ、入れ歯の治療により【かみ合わせ】が回復したら、次のことを守ってください。

それは、「残っている歯がこれ以上失わないようにしっかり守る」ということです。
そのためにも、定期的にメインテナンスを受けてください。

メインテナンスについてはこちらへ>

総入れ歯

残念ながらご自身の歯をすべて失ってしまった方には、できるだけお口の粘膜に吸着することを目指した総入れ歯をご提供しています。
当院は総入れ歯を作る技術にも自信を持っています。作製する入れ歯において、実践や経験、知識、を基に技工士と連携をとりしっかりと噛めるように注意を払いながら製作しております。

藤本歯科医院